IT

データ復元の流れ

データ消失への対策と工夫について

パソコンや外付けハードディスクを使用しているときに、データを誤って消去してしまったり、パソコンが起動しないなどによりデータが読み出せなくなってしまうケースがある。 そのような場合には、データ復旧が必要になるが、データ復旧についてはいくつかの工夫のポイントがある。まずは、データのバックアップを取っておくということがある。 パソコンなどでは、使用していると起動しなくなってしまったり、ファイルが壊れるなどにより読み出せなくなるケースも比較的ある。そのため、これらの場合に備え、日頃からバックアップをする事が重要になる。 サーバーなどでは、ディスクを2重化する事などにより同じデータを同時に2つのディスクに書き込むことで、1つが故障してももう1つのディスクでデータ復旧する事もできる。

データ復旧とその方法について

データ復旧する場合の手段としては、最近ではいくつかの方法がある。誤って特定のファイルやフォルダ毎データを削除してしまったような場合には、データ復旧のソフトウェアを利用することで、修復が可能な場合がある。 パソコンなどでデータを消去した場合には、そのデータは消えたわけではなく、ディスク上には情報が残っている。そのため、特殊なソフトウェアを利用することで、削除したファイルでも読み出し可能にすることができる。 完全にディスクが読み込めなくなったような場合には、これらのソフトウェアでのデータ復旧は困難なケースがあるため、そのような場合にはデータ復旧を扱う専門の業者に依頼し、データ復旧してもらうことが有効となる。

記事一覧

データ復元の流れ

HDDは耐用年数が決まっており必ずデータ消失が起きるものといっても過言ではありません。しっかりとデータ復元の手順を知ってまた日頃からバックアップを取っていることが大切になってきます。

Read More

トラブルを復元で解決

パソコンを利用するとデータの消去という状態がある場合があります。通常ゴミ箱から復元できるようになっていますが、完全に削除してしまった時は業者に依頼する必要もあります。

Read More

HDDの耐用年数

普段利用しているHDDは耐用年数が定められています。この期間を過ぎてしまうときちんと保存できないこともあります。まずはしっかりと確認し利用する必要があるでしょう。

Read More